RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
高い声が出ない原因の一つ
久々の更新!
忙しくて(^^;
言い訳ですけどね・・。汗


まぁいつもどおり書いていきたいと思います。
今日は、高い声を出すときに多くの人がなってしまっている症状を書きます。
これは裏声も含みます。

高い声出すときに気合を入れるかた手を上げて〜(^ヮ^)/

今のデあがっちゃったらまずいですよ!
無駄な力がはいっちゃうばあいがありますから。

そして、今日いいたいこと!
それは喉で押し出す癖。

です。

何となく分かると思うんですが、発声するときの言葉の頭!!!
そのときに喉で押し出してる人がかなり多いです。(特に高い声)

高い声のときに以上に息を強く出す人がわかりやすい例です。
頑張って出そうとしている証拠です。
確かに息のスピードは必要ですが、量はそこまでいりません。

高い声に限らず。
例えば低い声でも、まずほんの少し息を口から流してから声を出す癖がついている人がいます。これは、喉で押し出してしまいがちで空気も漏れやすくなります。

ですから、声を出すときは息は漏らさずしっかりと声にする練習をしてください。
裏声の場合は押し出す人が非常に多いです。

押し出す癖のせいで高い声がでなくなってる可能性もあるので、一度チェックしてみてくださいね!!
そして、力は絶対抜かないとできないですよ〜〜!

頑張りましょう!!

boisunonayami@hotmail.co.jp

参考になりましたら応援ヨロシクですm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
author:tettyan!, category:その他の疑問など, 12:50
comments(10), trackbacks(0), pookmark
一発で出す練習。
声を出すときに、一発でその音が出せない!って人が結構います。

一発だと出せないので声を出して、音程が合ってないと耳で判断してから音を上げたり下げたり。

人間だからそりゃあ完璧には無理です。
でも、ある程度一発でその音を出せないと困ります(特にバンドやりたい人などは)

一発で出さずに、表現の為に使ってるならば良いのですが。
たいていは自覚がなく、そんなこと気にしてないので出来ない。という場合が多いです。
僕もそうでした。いわれてみれば確かにそうだな・・。みたいな感じで。

自分で歌ってると気づきにくいんですが、他人の歌を良く聞くと分かるかもしれません。

一発で出せるようになるにはかなり時間がかかります。
音感も必要になってきますから。

そして、一発(感覚)で出せるようになるとボーカルとしてのレベルが上がります!
まぁもちろん聞いている側にも聞きやすいですし。
周りの音がでかすぎてもあまり音程をはずしません。
バンドの場合は特に!といいましたが、そういうことです。

カラオケ行ったことある!!でもバンドで歌ったことはない!!
バンドもカラオケも同じでしょー?
なんて考えてたら恐らく大変なことになります。
機材がそろってくれば多少はましになりますが、やはりロックなどやる場合はある程度一発(感覚)で出せないと・・。汗
一度ロックバンドのライブに行って見れば分かるかも〜!?

モニターがあればマシですね。でも、それでもアマチュアの場合は大抵ギターが大きすぎます。でも小さくすると迫力が出ない、とか、ドラムの音に負ける、とか言うんですけど(言われた経験あり)結局自分アピールしたいだけじゃん!!何て思うときあります。
確かに目立ちたいのは痛いほど良く分かります。僕ギターもやってるんで。笑
でもバランス壊してギターだけ以上に飛び出てたりすると・・。

聞いていて少し嫌な気分になるし、未熟なボーカルだと結構大変です。^^;
時々すんごい音はずして歌ってるバンドとかあるじゃないですか?
しかもボーカルの声があまり聞こえない。

あれって案外普段は普通に音程取れてる人も多いんですよ。
だけど周りの音がうるさすぎて、自分が今どんな音を出しているのか分からない。
その音を出してるつもりで全然違う音。
そして自分の声が聞こえないから大声で歌う!
更に音が外れる!喉痛める!声帯大ダメージ!

結果聞き苦しいものとなってしまうのです。
まぁまずはギターの音を何とか少し下げてもらう。
でも自分の声が滅茶苦茶聞こえるまで下げちゃうといまいち迫力に欠ける。
だから多少大きめぐらい。
ボーカルは声を大きくするために、色々練習します。
でもギターはつまみをちょいと回すだけで大音量!(^ヮ^;

でもボーカルにももちろん問題はあります。

まず声が小さい。
大声で歌えというのではありません、共鳴、マイクの使い方、などが声の大きさに関わったりしてきます。
他にもいっぱいありますが、今回取り上げた音が一発でだせない。
これがある程度できないと、自分では音が合ってるつもりでも結構外れてたりします。

皆さんipodとかウォークマン、携帯、パソコン、なんでも良いのですがイヤホンORヘッドフォンで聞いてくださいな。
そして大音量!!(≧ヮ≦)
そんで声を録音できるもの!!

ちょっと耳に悪いから挑戦したいかただけで結構です。

その大音量で聞きながら、その歌を歌ってください!
自分の声が聞こえないくらいの音で!

そして録音!
そして再生!

おそらく大体の方は、「え?やば」みたいになったと思います。

音程が全然取れてなかったり、変な声してたり、大きさが変だったり。
バンドはモニターなかったらこれの更に大きくした感じ!

私カラオケだけだからそんな気にしないし〜
って人はそこまで気にしなくていいですが、一発で音出せると上手いな=って感じますよ!

まぁ自分の感覚がどのくらいなのかがよくわかると思います。

そして練習法は、自分の音域を越えた音ではやらないことです。
一発でその音を出す!これをひたすら地道に!

これならピアノがなくても、携帯のピアノフラッシュとかパソコンのピアノフラッシュを使って練習できますよね!
まず音を決めてその音を聞く。
そしてその後一発でその音を出す!

そして、注意点として一発でだすぞ〜!と、多少高い音でチャレンジするときに、りきんじゃうかたがいますが。くれぐれも力は抜いてくださいね(^ー^)

頑張りましょう!

参考になりましたら応援ヨロシクですm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
author:tettyan!, category:その他の疑問など, 13:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
鼻の力〜( ̄ー ̄
鼻に息を通すと書きましたが、抜きすぎはよくないです。
地声では、鼻への通り道を空けたままで、意識的に鼻に通さないほうがいいです。(地声で高い声の場合は多少OK)

そして、時々口の中に力が入ってしまって鼻への息をふさいでしまってる人がいます。
完全にしまってる人はまれですが、閉まりかけ・みたいな方は多いです。
でも力を抜け!!!といわれても難しいものなので、今回は鼻への息の通り道を確保する練習を紹介します。
自分大丈夫だって人もやってみてください!!

まぁ落ち着いて!

目を閉じて!

口も閉じて!

そしてゆーーーーっくり鼻から息を吸ってください。
その時吸ってる音が聞こえないようにしてください!

腹式呼吸が出来る方は腹式でおこなってください!

そして吸っているときも力を抜く意識〜〜〜。

そしてゆっくりはいてください〜〜〜。

そしてもう一度すって〜〜〜。

そして口を閉じたまま低い声を「ん〜〜」っと出してください。(要するにハミングです!)

これで声が普通に出たらOKです!

次またハミングまでいってください!
そして「ん〜」っと声を出しながら口をあけてください。

そして「あ〜」と声を出してください!
このときに「あ〜」と声を出すんですが「ん〜」といっている気持ちで出してください!

でも、喉を絞めて口に息を行かないようにしちゃうのはタブーですよ!!!

これが問題なく出来るようになれば、鼻への通り道が確保されると思います。

鼻の奥の力も抜けやすくなるので、裏声、ミックスボイスなどは感覚が掴みやすくなります。
もちろん地声でも、声の抜けがよくなるし高い声も使い方しだいで楽にだせるようになります。

簡単に出来ちゃう人は一日1回でいいですが。
出来ない人は10回以上はやってください!!

そして、鼻に響かせるのはいいですが地声で鼻に響かせすぎる(鼻に響かせる練習しすぎると)と鼻声になります。
鼻に息が全然いかなくても鼻声になりますけど(あゆのモノマネで鼻つまむ人多くないですか?笑)、響かせすぎてもなるから注意です!!

EXILEのTAKAHIROがちょっと鼻声に聞こえる部分がありますね。「Yell」って曲はよく分かりやすいと思います。
そして口の響きも良く練習すると、ふくらみのある声になります!

頑張りましょう!!
声は力で出すのではない!響かせて出すんだ!!!と言う人もいるくらいです!

でも、僕は響かせて出すというよりは、これこれこーゆうだし方をした結果響く。これが一番いいと思います。
でも、響いた感覚になれていないとできないことなので、僕はまず意識的に響かせる練習を勧めています!ですから、気持ちよ〜く響かせて歌ってくださいね〜!

(^ー^)b

メールくださいね!^^



参考になりましたら応援ヨロシクですm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
author:tettyan!, category:-, 21:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
意識のしすぎ。
意識することはいいことです。

ですが、一度にたくさん意識しすぎると無駄な力が入ってしまう可能性があります。

一度に意識するのは3つぐらいのほうがいいと思います!
それ以上は難しい!

そして少ないほうがより意識しやすく、感覚が掴みやすいと思います。
当たり前じゃん(`Д´)って思う人は良いのですが、案外いくつも意識しようとしちゃうん人いるんですよ〜・・。

そして、必ず意識することがあります。
それは力を抜くこと!!!
これはどんなときも絶対意識してください!

そして、意識するのが難しい2つを選ぶのはやめてください。

あとは、ミックスボイスの感覚を掴むとき意識することは一つだけ!
力を抜くことです!

普段は大丈夫なのに今日に限って力が入っちゃうなぁ〜・・。
って時は死ぬほど力抜く意識で、頭をできるだけからっぽにしてください。
これは、練習の最初にやるといいと思います!!
意識して練習するのはその後から!!

イメージも2個くらいにして欲しいんですが、慣れてきたら増やしてもいいです。
でも意識は最高でも3つにしておいてください。
時々基本を忘れてしまう人がいるんです。意識ということを慣れにすることはいいことですが、慣れすぎて軽い意識になってしまう場合があるので気おつけて!
毎回基本に戻って練習してくださいね!!!!

イメージは慣れてOKです!!
どんどん慣れてください!!
特に声の方向になれるといいですよ〜〜!!!(^ヮ^
すっごい楽に出せるようになります!

意識しすぎない!
でもイメージはどんどん増やしていく!
必ず力を抜く!
基本を振り返る!

意識しすぎて力が入るなら力を抜くことだけ考えるのでもOKですよ!

是非試してみてください!(^ヮ^)/~~
参考になりましたら応援ヨロシクですm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

author:tettyan!, category:心と体, 21:00
comments(4), trackbacks(0), pookmark